HOMEまち・ひと文化図書館図書館の利用案内

図書館の利用案内

利用にあたってのお願い

図書館は、通常どおり開館しています。
利用にあたっては、新型コロナウイルス感染予防のため次のことにご協力ください。

【利用上の注意事項】
(1)入館時はマスクの着用をお願いします。
(2)入館・退館時は、出入口に備え付けの消毒液で手指の消毒をお願いします。
(3)風邪のような症状のある方は入館をご遠慮ください。
(4)他の利用者との間隔を2メートル程度保ってご利用ください。カウンター前でお待ちいただく場合は、足元の待機位置でお待ちください。
(5)返却のみの場合は、入館せず、図書返却ポスト(本館…正面出入口右手 分館…出入口前)をご利用ください。(返却と貸出を両方行う方は、入館していただいてかまいません。) 

 
 

 

図書館の利用案内

図書館開館カレンダー

背景が赤色の日は、休館日となります。

7月図書館開館カレンダー
8月図書館開館カレンダー
9月図書館開館カレンダー

 

開館時間

図書館外観

  • 〈火・木・金・土・日曜日〉:午前9時から午後5時まで
  • 〈水曜日〉:午前9時から午後8時まで
     

 

休館日

  • 毎週月曜日
  • 国民の祝日の翌日(日曜日または月曜日と祝日がかさなった場合は火・水曜日)
  • 毎月末日(土・日曜日、祝日、休館日とかさなった場合はその前日)
  • 年末年始(12月29日~1月3日)
  • 蔵書点検日

貸出冊数・期間

貸出冊数は次のようになっています。

貸出冊数
5冊
CD・カセットテープなどの音響資料 3組
ビデオ・DVDなどの映像資料 2点

合わせて10点までで、期間は2週間です。 

絵本を貸し出すイラスト

はじめて利用するには

本を借りる人

  • 利用者カードをつくりますので、利用者カード申請書に記入して提出してください。
  • 住所と氏名の確認ができるもの(身分証明書・運転免許証・健康保険証・学生証・名札・届いた郵便物等)をお見せください。
    ※同一世帯の方が登録されている場合は、不要です。
  • 利用者カードは本館と分館で共通に使えます。
  • 利用者カードは
    • おったり、まげたりしないでください。
    • カードをなくしたり、住所等に変更があったときはお知らせください。

借りたり・返したりするには 

借りるには

  • 借りたい資料と利用者カードをカウンターにお持ちください。 
    ※利用者カードに借りた資料名と返却期日が記入されます。

返すには

本を貸し出す人

  • 本館か分館のカウンターにお持ちください。
    ※利用者カードは、返すときには不要です。
  • 図書館が閉まっている場合はブックポストへお返しください。(ただし、ビデオ、CD、DVD、カセットテープは、ブックポストへ返却しないで、本館は文化センターの窓口へ、分館は公民館の窓口へそれぞれお返しください。)
    どちらの図書館へ返すこともできます。

返す日をのばすには

  • 返却日前までに図書館に連絡ください。予約されている方がいなければ、その日から2週間までのばせます。

AVコーナーを利用するには

AVコーナー利用のイメージ

  • 利用したい資料のケースと利用者カードをカウンターにお持ちください。ソフトとヘッドフォンをお渡しします。
  • 視聴が終わりましたら、ソフトとヘッドフォンをお返しください。
    ※ビデオテープは巻き戻してください。

本をさがすには

  • 本館に2台、分館に1台の利用者端末(コンピュータ)を設置しています。どの利用者端末からも北斗市立図書館にあるすべての資料をさがすことができます。
    ※わからないときは、職員におたずねください。

本のイラスト

予約やリクエストをするには

本を借りる人2

  • 利用したい資料が貸出中の場合は、予約することができますので、申込用紙に必要事項を記入して提出してください。インターネットによる予約もできます。
  • 読みたい本は、リクエストすることができます。ただし、本の内容などによっては、リクエストにお応えできない場合がありますので、ご了承ください。
  • 本が用意できましたら、電話でお知らせします。
    ※(注)リクエストは市内に住んでいる方、または通勤・通学している方に限らせていただきます。
  • 予約・リクエストは合計5冊までです。

調べもので困ったときには

  • 調べものなどでお困りの時には、おたずねください。必要な情報や資料をさがすお手伝いをします。
    ※宿題やクイズの解答、医療相談、法律相談、芸術品や骨董品の鑑定などには応じられません。

コピーサービス

  • 著作権法第31条に基づいて、北斗市立図書館所蔵の資料に限って、調査研究の目的で複写することができます。複写の際には、使用目的等を確認させていただきます。
    ※A3・B4・A4・B5:各サイズ1枚20円

からだの不自由な方へ

  • 24時間テレビチャリティー委員会より障がい者サービス用機器が寄贈されましたのでご活用下さい。

1)拡大読書器

弱視者や、高齢で視力がよわくなった方のために、活字を利用者に適した倍率で拡大し、見やすい色調で画面上に表示することのできる装置です。
図書・新聞等、活字の図書館資料の閲覧の際に利用することができます。
白黒とカラーの変更、白黒反転、コントラストの調整など、利用者の使いやすいように調整できます。操作は大変簡単です。
図書館利用者であれば誰でも利用できます。

2)活字自動読み上げ機(よむべえ)

本を借りる人3

活字印刷物をスキャナーの上に置いて読み取りその結果を音声で読み上げる装置です。
人間が読むほど完璧には読めない資料もありますが、文字のみの資料ならかなり上手に読むことができます。視覚に障がいがあるなど、活字を読むことが困難な図書館利用者が利用することができます。

3)音声パソコン(本館のみ)

音声パソコンは、画面に表示された文字やキーボード入力を音声で読み上げるソフトが組み込まれたパソコンです。
Windows基本ソフトは、ワードとエクセルが使用できます。また音声パソコンを体験したい(購入を検討されている方)にもおすすめです。
なおこちらの音声パソコンの使用は北斗市内在住者に限らせて頂きます。

 

  • 耳の不自由な方のお問い合わせはファクシミリをご利用ください。
    (FAX番号)74-2074
  • 目の不自由な方には、音訳資料の作成や対面朗読サービスをいたしますので、希望される場合は事前にご連絡ください。また、市で発行する広報なども音訳してお届けしますので、希望される場合はご連絡ください。なお、制作済みの音訳資料やカセットブックもご利用ください。

カテゴリー

お問い合わせ

〒049-0156 北斗市中野通2丁目13番1号 北斗市立図書館

電話:
0138-74-2071
Fax:
0138-74-2074

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報