HOME福祉・健康健康づくりインフルエンザ予防について

インフルエンザ予防について

今年もインフルエンザが流行し始める季節となりました。北海道および渡島管内でも患者数は増加傾向にあり、今後も流行の拡大が予想されますので注意が必要です。

市民の皆様におかれましては、以下を参考にして、ご家庭や職場等において、適切に対応していただくようお願いいたします。

インフルエンザとは

インフルエンザは、毎年冬季に流行を繰り返している日本最大規模の感染症の一つです。38℃以上の発熱頭痛関節痛筋肉痛全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み鼻汁等の症状も見られます。子どもではまれに急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では二次性の肺炎を伴う等、重症化することがあります。

一般的な風邪と異なる点としては「急激に発症する」「38度以上の発熱が認められる」「のどや鼻などの局所的ではなく、全身に様々な症状が出やすい」などが挙げられます。

しかし、最近では微熱しかなくてもインフルエンザ検査を受けてみたら陽性だったというケースもみられるため、身体の不調を感じたら早めに病院を受診することを心がけましょう。

インフルエンザ予防のためにできること

流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されています。日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいとされています。

 ウイルスに感染する機会を減らす

1.外出した後は手洗いをする

インフルエンザウイルスに感染する要因の1つとして手に付着したウイルスが手を介して鼻や口、目から体内に入ることが挙げられます。そのため、手の清潔を保つことは有効な予防方法になるので外出した後は石鹸で手洗いを行うことを徹底しましょう。また、インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

2.うがいをして口腔内を清潔に保つ

うがいをすることで口腔内の細菌やウイルスを体外へ排除することができます。また、のどの潤いを保ち、のどのウイルスの侵入を防ぐ働きが活性化されます。外出先から帰宅したら、その都度うがいをするように心がけましょう。

3.部屋の乾燥に注意する

空気が乾燥すると、ウイルスの侵入を防ぐ働きが低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つようにしましょう。

4.人混みや繁華街への外出を避ける

インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合にはマスクを着用するようにしましょう。

生活リズムを整える

インフルエンザに感染しないためには自身の免疫力を高めることが重要になってきます。十分な休息睡眠時間の確保バランスの取れた食事など身体に無理をかけないように意識して生活するようにしましょう。

インフルエンザに感染したら

早期に医療機関を受診する

インフルエンザは発症から48時間以内に適切な治療を開始すると通常1~2日発熱期間が短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量も減少することが明らかになっています。逆に48時間以上経過してから治療を始めても十分な効果が期待できないと言われています。インフルエンザが流行している時期に、突然の発熱関節痛のどの痛み鼻汁頭痛などの症状がある時は早めに医療機関を受診するようにしましょう

十分な休養をとる

  • インフルエンザを発症している間の体内は、ウイルスを倒すために体中の免疫機能をフル活動させている状態です。そのため、なるべく体力を消耗しないように安静にすることを心がけましょう。
  • 一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれているため、ウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。現在、学校保健安全法では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています。感染拡大防止のためにも上記の期間は休息をとることが必要です。

水分・栄養分の補給

  • 熱が高い場合、いつもより多くの水分が体の外に出てしまいますので、こまめな水分補給が必要です。その際、糖分の摂りすぎには少し注意してください。また、お茶や水だけでは体に必要なミネラル分が摂れませんので、経口補水液等も飲むようにしましょう。
  • 食事は、食べられる時に食べられる物を口にするようにしましょう。うどんやお粥、ゼリーなど食べやすいものならなんでも構いません。無理をする必要はありませんが、体力を落とさないためにも出来る範囲で食事を摂るように意識しましょう。

咳エチケットを心がける

インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみ等で運ばれた微生物を吸い込むことで起こる飛沫感染です。周囲の人にうつさないよう、咳エチケットとして以下を守ることを心がけましょう。

  • 咳・くしゃみが出る時にはできるだけマスクを着用するようにしましょう。マスクを着用していない時に咳・くしゃみが出た場合にはティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、顔を他の人に向けないようにしましょう。
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた場合にはすぐ手を洗うようにしましょう。

関連リンク

今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)

インフルエンザQ&A(厚生労働省)

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報