HOME暮らし・手続き上下水道お客様へ水道の凍結にご注意ください

水道の凍結にご注意ください

水道の凍結にご注意ください

 寒さが厳しくなる12月から2月にかけて、水道管の凍結事故が多発します。水道が凍結すると、水が出なくなるだけではなく、修理の費用がかかります。

こんなときは特に注意が必要です

  • 外気温がマイナス4℃以下になったとき
  • おやすみ前や、旅行で家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき
  • 真冬日(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき

凍らせないために

 水道管の凍結を予防するため水抜き栓による水抜きを行ってください。特に、旅行などで長時間水道を使用しないときや、空き家・空き部屋をお持ちの場合は必ず行うようにしてください。水道メーターが閉栓となっていても、水道管の内部に残った水の凍結により管が破裂する恐れがあります。

 また、水抜き栓を操作する場合、完全に開閉を行ってください。水抜き栓の開閉が中途半端な場合は水が流れ続け、漏水の原因となります。

正しい水抜き栓の操作方法の解説。開閉は完全に行う必要があります。

(北杜市HPより)

 水抜き栓の操作による漏水や水道管の凍結破損による漏水については、原則として水道料金の減免の対象となりません。凍結によって水道管が破裂し、長期に渡って水が漏れ続けている状態になり水道料金が高額となる場合や、住宅が水浸しになるなどの重大な被害が発生する場合がありますが、その場合でも水道料金や修理費は所有者のご負担となりますので、ご注意ください。

凍結してしまったら

 水道凍結・故障の際、ご自分で解凍できない場合は、お近くの市指定給水装置工事事業者に申し込んでください。なお、解凍費用は各事業者によって異なる場合がありますので、お手数でも直接各事業者にお問い合わせください。

 北斗市指定給水装置工事事業者はこちら

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報