軽自動車税

軽自動車税を納める人

毎年4月1日現在で原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車などを所有または使用する方に課税されます。

 

税率

平成28年度より、下記の車両の税率が変更になりました。

車両区分と税率
区分 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車
 
排気量50cc以下 1,000円 2,000円
排気量50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
排気量90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
三輪以上 排気量20cc超50cc以下(ミニカー) 2,500円 3,700円
軽自動車 二輪車(排気量125cc超250cc以下のもの) 2,400円 3,600円
専ら雪上を走行するもの 2,400円 3,600円
小型特殊自動車 農作業用 1,600円 2,400円
その他のもの 4,700円 5,900円
二輪の小型自動車 4,000円 6,000円

 

平成27年度課税より、新車新規登録(初回の車両番号指定日)が下記の条件に当てはまる車両について新税率が適用されます。また、環境負荷の大きい新車新規登録後、13年を経過した車両については平成28年度より重課税率が適用されています。(「初回の車両番号指定日」については当ページ下段参照)

車両区分と税額
区分 税額(年額)
平成27年3月31日までに初めて車両番号指定を受けたもの 平成27年4月1日以後に初めて車両番号の指定を受けたもの 初めての車両番号指定から13年を経過したもの(重課)
軽自動車 三輪車 3,100円 3,900円 4,600円
四輪車 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

 

※「初回の車両番号指定日」とは、新規検査(新車)のことをいいます。こちらの年月日は、自動車検査証の「初度検査年月」で確認できます。

 自動車検査証の「初度検査年月」

三輪、四輪の軽自動車にグリーン化特例(軽課)の適用

平成30年度課税時に、三輪および四輪の軽自動車で排出ガス性能や燃費性能に優れた車両について、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

適用条件

平成29年4月1日~平成30年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪および四輪の軽自動車で、次の基準を満たす車両について、取得した日の属する年度の翌年度分の軽自動車税に、グリーン化特例(軽課)を適用します。※特例の適用は平成30年度の1年限りです。

車両区分とグリーン化特例(軽課)の税率
車種区分 税率(年税額)
25%軽減※4 50%軽減※5 75%軽減※6
軽自動車 三輪車 3,000 円 2,000 円 1,000 円
四輪車 乗用 営業用 5,200 円 3,500 円 1,800 円
自家用 8,100 円 5,400 円 2,700 円
貨物 営業用 2,900 円 1,900 円 1,000 円
自家用 3,800 円 2,500 円 1,300 円
  • ※4 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+10%達成車
    貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
  • ※5 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+30%達成車
    貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  • ※6 電気自動車、天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

 

軽自動車税の納税方法

市役所から送付された集合主税納税通知書により納めていただきます。

集合主税とは

地方税法、北海道税条例、北斗市税条例の規定により賦課された市・道民税(特別徴収分を除く)、固定資産税、軽自動車税の年税額をそれぞれ期割計算し、期別ごとに合算した税額を北斗市税の納期の特例に関する条例の規定により、集合徴収する税金です。

 

軽自動車税の減免措置

身体等に障がいのある方、または障がいのある方と生計を一にしている方で障がい者のため(通院、通学、通勤等)に使用される軽自動車をお持ちの方などは軽自動車税の減免を受けることができます。

詳しくは軽自動車税の減免をご覧ください。

登録・廃車・名義変更などの手続き

軽自動車等を購入、譲渡、廃車または登録事項の変更、他市町村へ転出された場合、申告手続きが必要です。

詳しくは軽自動車の登録・廃車・名義変更の手続きをご覧ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報