HOME子育て・教育子どもの健康医療子宮頸がんワクチン予防接種

子宮頸がんワクチン予防接種

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因とされる発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンです。また、2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)の2種類のワクチンがあり、平成25年度から、法律による定期予防接種になりました。

厚生労働省サイト「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)」(外部サイト)

 

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の中止について(平成25年6月17日)

 平成25年6月14日付厚生労働省健康局通知により、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が、接種後に特異的に見られることから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の積極的勧奨を差し控える旨、勧告を受けました。

 これを受け、北斗市としては当面、国の動向に沿って子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨(接種券を定期的に個別送付すること)は止めることといたします。ただし、定期接種そのものを中止するものではないので、下記の対象者のうち希望者は定期接種を受けることができます。

 子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を受ける場合には、ワクチン接種の有効性及び安全性等について説明している上記、厚生労働省サイト「ヒトパピローマウィルス感染症(子宮頸がんワクチン)」の「HPVワクチンに関する情報提供について 平成30(2018)年1月」をお読みになってください。

対象年齢

 小学校6年生~高校1年生相当の女子

接種場所

 市が契約する医療機関

副反応により、医療機関での治療が必要になった場合


 副反応によって、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害が残るなどの健康被害が生じた場合は、子ども・子育て支援課にご相談ください。

  子宮頸がん予防ワクチンの副反応について(厚生労働省HP)

 

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報