HOME子育て・教育子育て支援ひとり親支援母子父子寡婦福祉資金貸付

母子父子寡婦福祉資金貸付

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付について

母子家庭、父子家庭や寡婦の方の経済的自立を支援するとともに、児童の福祉の増進のため、低利子又は無利子で借りることができる北海道の貸付制度です。

福祉資金の種類

 
福祉資金の種類・内容
資金の種類 内容
事業開始資金 事業を開始するために必要な設備費、什器、機械、材料の購入資金です。事業拡大に要する費用は対象となりません。
事業継続資金 現在営んでいる事業を継続するために必要な商品、材料等を購入する資金です。
修学資金 お子さんを高等学校、大学、高等専門学校、専修学校、大学院に就学させるための授業料、書籍代、交通費等に充てる資金です。
技能習得資金 ひとり親の方が事業を開始又は会社等に就職するために必要な知識技能を習得するために貸し付ける資金です。ひとり親の方の就職のための運転免許取得費用は、この資金での貸付となります。
修業資金 お子さんが事業を開始又は就職するために必要な知識技能を習得するために貸し付ける資金です。お子さんの就職のための運転免許取得費用は、この資金での貸付となります。
就職支度資金 ひとり親の方やお子さんが就職するために直接必要な被服、履物等を購入するために貸し付ける資金です。
医療介護資金 ひとり親の方やお子さんが医療又は介護を受けるために必要なものを貸し付ける資金です。当該医療又は介護を受ける期間が1年以内の場合に限ります。
生活資金 知識技能の習得期間、医療介護を受けている期間、失業期間中(離職の日から1年を超えない期間)又は母子(父子)家庭になって7年未満の母(父)の生活を安定・継続させるために貸し付ける資金です。
住宅資金 住居を建築、購入、補修、保全、改修又は増築するために貸し付けるものです。
転宅資金 就職や通学のため住宅を移転する際に、住宅の賃借等に必要な資金を貸し付けるものです。
就学支度資金 お子さんがが就学・就業するための被服等の購入に必要な経費として貸し付けるものです。
結婚資金 お子さん(20歳以上)が結婚に際し必要な挙式披露宴等のための経費、家具什器等を購入する資金です。

福祉資金の内容・申請のご相談先

  • 申請される前に、事前相談が必要となりますので市の福祉事務所(北斗市役所子ども・子育て支援課内)窓口までお越しください。
  • 申請書、各福祉資金の資料は市の福祉事務所(北斗市役所子ども・子育て支援課内)窓口に設置しておりますが、申請は下記の提出先になります。

   提出先      渡島総合振興局保健環境部社会福祉課    函館市美原4丁目6番16号    0138-47-9546

  • 市の福祉事務所(北斗市役所子ども・子育て支援課内)には母子・父子自立支援員が配置されており、福祉資金の貸付をはじめ自立に必要な情報提供や相談指導等を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報