HOME福祉・健康高齢者福祉高齢者運転免許証自主返納支援事業

高齢者運転免許証自主返納支援事業

高齢者の運転による交通事故の減少を図るため、運転に不安のある高齢者が運転免許証を自主的に返納した方に対し、タクシー利用券を交付する制度です。

そこで、ご自身の運転を振り返って頂き、「運転に自信がなくなった」「免許証を持っているが、運転をしない」「子供や孫に運転が心配と言われた」など思い当たるようなことがありましたら、ご自身の安全のためにも運転免許証の自主返納を考えてみてはいかがでしょうか。

対象者

・北斗市内に住所を有し、現に居住している70歳以上の方

平成30年4月1日に以降に運転免許証を自主返納された方

・市税を滞納されていない方

※運転免許証を更新せずに失効した場合は対象外です。

タクシー利用券の交付

・交付されるタクシー利用券は、初乗運賃に相当する24回分の利用券を、対象者1人につき1回限り交付します。

・利用券は交付を受けた日から2年間利用することができます。

・タクシー利用券は、北斗市内に事業所のあるタクシー会社のみ利用できます。

※1回の乗車につき1枚の利用となります。初乗り運賃分以上の料金が発生した場合には、差額分の支払いが生じますのでご注意ください。

申請手続きについて

申請手続きに必要なもの

・申請書(市役所、総合分庁舎市民窓口課、七重浜・茂辺地支所各窓口にあります)

・「申請による運転免許の取消通知書」「運転経歴証明書」などの運転免許証を自主返納したことがわかるもの

※「申請による運転免許の取消通知書」は免許証を自主返納されたときに交付されます。

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報