HOME市政情報ふるさと納税・企業版ふるさと納税企業版ふるさと納税の受付を開始しました

企業版ふるさと納税の受付を開始しました

 企業版ふるさと納税に係る地域再生計画が、令和2年11月6日付けで内閣府より認定されたことにより、北斗市企業版ふるさと納税制度による寄附の受付を開始しました。

 北斗市では、この制度を活用して企業の皆様からの寄附を募り、「第2期北斗市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる4つの基本目標に基づいた取り組みを推進していきたいと考えています。

企業版ふるさと納税とは

 民間企業が、寄附を通じて、地方公共団体の行う地方創生の取組を応援した場合に、税制上の優遇措置を受けることができる制度です。

 令和2年度の税制改正により、税の軽減効果は最大9割となりました。

 税の軽減効果説明図

 企業版ふるさと納税により本市の取組をご支援いただいた企業は、北斗市公式ホームページで公表させていただくことで、広く周知させていただきます。

寄附金の使途

 「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる4つの基本目標の達成に資する事業に活用させていただきます。

基本目標1  北海道新幹線を活かした産業の振興と雇用の場をつくる

  1. 事業例:新駅周辺地区企業立地補助金
  2. 事業費(R元):1,783,000円

 新函館北斗駅

 写真:新函館北斗駅

基本目標2  北斗市らしさを活かして人を呼び込み・呼び戻す

  1. 事業例:スポーツ合宿推進事業
  2. 事業費(R元):9,258,024円

 運動公園でのスポーツ合宿の様子

 写真:北斗市運動公園での様子

基本目標3  子どもを生み、育てたいという希望をかなえる

  1. 事業例:小中学校吹奏楽部の楽器購入
  2. 事業費(R元):4,302,000円

 新函館北斗駅前での吹奏楽部による演奏の様子

 写真:新函館北斗駅前での演奏の様子

基本目標4  住み続けたいという暮らしの環境をつくり守る

  1. 事業例:新茂辺地団地建設事業
  2. 事業費(R元):16,856,000円

 茂辺地中央団地完成イメージ

 写真は茂辺地中央団地のイメージ図

寄附の流れ

1.寄附の申し出(随時受付)
  「寄附申出書」に必要事項を記入し、総務部企画課まで提出して下さい。

2.寄附金の納付
  「寄附申出書」の受領後、納入通知書を送付しますので、納付をお願いします。

3.受領書の交付
  納付を確認後、「受領証」を送付します。

4.税制措置の申請
  3の受領証に基づき、地方公共団体や税務署に対して地方創生応援税制の適用がある旨を申告し、税制上の優遇措置を受けてください。

これまでの実績

これまでにご寄附いただいた企業を紹介します。                        

当市の取組にご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございました。

※掲載を承諾いただいた企業のみ掲載しています。

<企業版ふるさと納税による寄附事業者一覧>
1 企業名 太平洋セメント株式会社
本社所在地 東京都文京区小石川1丁目1-1
寄附額 1,300,000円
寄附年月日 令和2年12月30日

留意事項

  • 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 本社が北斗市内にある企業は、本制度の対象外となります。この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所又は事業所」を指します。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  • 企業版ふるさと納税の詳細については、下記内閣府ホームページをご覧ください。

   企業版ふるさと納税ポータルサイト(内閣府地方創生推進事務局)

SDGsゴール

 

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報