HOME福祉・健康健康づくり新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症の新規感染者が依然として全国で確認されています。北斗市では、市民みなさまの健康を守るため、適切な情報提供と感染症予防に取り組んでまいります。

市民のみなさまにおかれましても感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

国内および北海道内での最新情報に関しては以下のホームページをご参照ください

新型コロナウイルス感染症とは

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱のどの痛み咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
  • 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクは高いと考えられます。
  • 重症化することで肺炎となり、死亡例も確認されているため注意しましょう。特にご高齢の方糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患のある方が重症化しやすい可能性が考えられます。
  • 新型コロナウイルスは飛沫感染接触感染でうつるといわれています。また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の環境下であれば咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させる恐れがあります。

日常生活で気をつけていただきたいこと

  • 「3つの密」を避けて行動することを心がけましょう。
  • 会話は、手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとるか、自分から飛沫を飛ばさないようマスクを装着することが望ましいとされています。
  • 買い物は、混雑していない時間帯を選ぶことを心がけましょう。
  • 外出先からの帰宅時調理の前後食事前トイレで用を足した後には石鹸アルコール消毒液で手を洗うことを徹底しましょう。
  • 咳などの症状のある方は咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、他の人に病気をうつす可能性があるため咳エチケット(マスクの着用、咳やくしゃみの際にはティッシュや上着の内側や袖などで口や鼻を覆う)を行って下さい。
  • 発熱などの風邪症状がある時には学校や仕事は休み外出を控えましょう。やむを得ず外出する場合にはマスクを着用しましょう。
  • 感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや、感染しやすい環境に行くことは避けましょう。

 一般的な感染症対策について(厚生労働省)(PDF 729KB)

身の回りを清潔にしましょう

手洗い

石けんやハンドソープを使い、丁寧に手洗いをしてください。手洗いを丁寧に行うことで、十分にウイルスを除去できます。丁寧に手洗いをした後にアルコール消毒液を使用する必要はありません。

手洗いの効果
手洗い 残存ウイルス
手洗いなし 約100万個
石けんやハンドソープで10秒もみ洗い後流水で15秒すすぐ 1回 約0.01%(数百個)
2回繰り返す 約0.0001%(数個)

 

消毒

手すり・ドアノブなど人の手が良く触れるところを消毒しましょう。

アルコール(消毒用エタノール)

  • 薄めたりせず、そのまま原液を使用してください。
  • 布などに含ませて、拭いてください。

塩素系漂白剤(ハイター・ブリーチ) 

  • 水で濃度0.05%に薄めて、使用してください。
  • 薄めた漂白剤で拭いたあと、水拭きをしてください。

◆0.05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方
※商品によって濃度が異なりますので、以下を参考に薄めてください。

メーカー(50音順) 商品名 作り方の例
花王
  • ハイター
  • キッチンハイター
水1Lに本商品25mL(商品付属のキャップ1杯)
カネヨ石鹸
  • カネヨブリーチ
  • カネヨキッチンブリーチ
水1Lに本商品10mL(商品付属のキャップ1/2杯)
ミツエイ
  • ブリーチ
  • キッチンブリーチ
水1Lに本商品10mL(商品付属のキャップ1/2杯)

◆使用上の注意

  • 換気をして行ってください。
  • 家庭用手袋を着用してください。
  • ほかの薬品と混ぜないでください。
  • 商品パッケージやホームページの説明をご確認ください。

次亜塩素酸水

※この消毒薬の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中です。(経済産業省危機管理・災害対策室)         

コロナウイルスの相談・受診の目安

相談窓口、帰国者・接触者相談センターについて

北斗市にお住いの方の新型コロナウイルス感染症の相談窓口は渡島保健所が対応しています。また、北海道厚生労働省でも電話対応を実施しております。詳細は下記をご参照ください。

各相談窓口
  電話番号 開設時間
  • 渡島保健所
相談窓口 0138-47-9524 平日 8:45~17:30
帰国者・接触者相談センター 0138-47-9548 平日 8:45~17:30
  • 北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター
0800-222-0018
(フリーコール)
24時間
  • 厚生労働省電話相談窓口
0120-565653
(フリーダイヤル)
9時00分~21時00分
 (土日・祝日も実施)
※聴覚に障害がある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方
   FAX:03-3595-2756

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱などの風邪症状がみられる時には、学校や仕事は休み、外出を控えましょう。
  • 発熱などの風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておきましょう。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

帰国者・接触者相談センターに相談する目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

なお、以下のような方は重症化しやすいため、発熱などの比較的軽い風邪の症状がある場合は帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

妊娠されている方へ

妊娠中は身体の免疫力が低下していることから、重症化しやすい方と同様に症状が出た際には早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

 お子さんをお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話でご相談ください。

相談後、医療機関にかかる時のお願い

  • 複数の医療機関を受診したことで感染が拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗い咳エチケット咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、 口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

新型コロナウイルスに関連するお知らせ

関連リンク

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報