HOME福祉・健康障がい福祉障害福祉サービスの内容

障害福祉サービスの内容

1. 自立支援給付

障害のある方が自らサービスを選択し、サービスを提供する事業者・施設と利用契約を結ぶことにより、サービスを受けることができます。

ホームヘルプサービス(居宅介護)・ショートスティ(短期入所)など、各種サービスを受ける場合、支給量(ホームヘルプサービスなどを受ける時間数や施設利用の日数など)が記載された受給者証が必要となります。

 

2. 地域生活支援事業

地域生活支援事業とは、自立支援給付(介護給付・訓練等給付)とは別に、それぞれの地域の実情に応じたサービス提供を目的として、市が行う事業です。

この事業では、「移動支援」「日中一時支援」「訪問入浴サービス」「地域活動支援センター」などが行われています。

 

3. 利用の手続き

サービスを利用するには・・・

  1. 市へサービス利用の支給申請をしてください。
    【申請に必要なもの】身体障害者手帳・療育手帳・精神保健福祉手帳など
  2. 市は、ご本人の状態をお聴きし、心身の状態を総合的に判断するために障害程度区分の認定を行います。
  3. サービス利用についての聞き取りを行い、サービスが必要と判断した場合は支給決定を行い、受給者証をお渡しします。
  4. 受給者証を受け取ったら、指定業者とサービス利用の契約を結び、サービスを利用します。
  5. サービスを利用したら、受給者証に記載されている利用者負担上限月額に達するまで、1割の利用者負担分を指定事業者に支払っていただきます。

 

4. 利用者負担の仕組み

原則として、利用するサービス料金の1割が自己負担となります。ただし、世帯の市民税の課税状況などにより、費用負担の上限額が設定されています。

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報