HOME福祉・健康健康づくり熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

熱中症の発生は7~8月がピークになります。熱中症を正しく理解し、予防に努めるとともに、1人ひとりが協力して注意を呼びかけ合うことで地域全体での予防を進めていきましょう!

熱中症とは

  • 熱中症とは体内の水分塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能がうまく働かないことによって起こる症状の総称です。屋外だけではなく室内で何もしていない時にも起きることがあります
  • 気温が高い湿度が高いなどの環境条件と、体調がよくない暑さに体が慣れていないなどの個人の体調による影響が組み合わさることにより、熱中症の発生が高まります。

このような症状が出たら熱中症を疑いましょう

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、気分が悪い
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、体がだるい

重症になると…

返事がおかしい、意識がない、けいれん、からだが熱い

熱中症が疑われる人を見かけたら

  • 涼しい場所へ移動させる
  • 水分・塩分、経口補水液を補給する
  • 衣服をゆるめ、からだ(首の横やわきの下、足の付け根などの太い血管がある部分)を冷やす

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症を防ぐためには

熱中症の予防には、水分補給暑さを避けることが大切です!

こまめな水分・塩分補給

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給するようにしましょう。
  • 大量に汗をかく状況では、経口補水液などで塩分も補給するようにしましょう。

暑さを避ける

  • 気温や湿度が高い日には、決して無理な節電はせずに、適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう。
  • 通気性の良い吸湿・速乾の衣服を着用するようにしましょう。
  • 外出時は日傘帽子の着用をしたり、こまめな休憩をとるようにしましょう。

高齢者や子ども、障がい者・障がい児は、特に注意が必要です!

  • 熱中症患者のおよそ半分は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さに対する感覚機能や体の調節機能が低下しているので、のどの渇きや暑さを感じていなくても、こまめに水分補給温度調節を行うようにしましょう。
  • 子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、体調をこまめに確認するようにしましょう。

熱中症についての情報はこちら

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報