HOME暮らし・手続き環境・衛生灯油タンクの油漏れにご注意ください!

灯油タンクの油漏れにご注意ください!

 屋外に設置している灯油等のタンクや暖房機器に接続している配管などからの油漏れ事故が発生しています。油漏れの原因としては、配管などの老朽化や落雪によるタンクや配管の損傷などが考えられます。

油漏れを防ぐために

油漏れを防ぐために、次のことをご確認・ご注意ください。 

・灯油の減り具合が以前より早くなっていないか定期的に確認しましょう。

・灯油タンクなどの配管に変形や亀裂はないか確認しましょう。

・ストレーナーキャップにひび割れがないか定期的に点検しましょう。

・タンクが傾いたり、脚部が歪んだりしていないか確認しましょう。

・ホームタンクの設置場所に積雪・落雪があることで損傷がないか注意しましょう。

・草刈り、除雪作業中に誤って配管を切断しないように注意しましょう。

・冬期間は配管が雪で埋もれるため、配管の場所に目印を立てておきましょう。

・空き家の場合はタンクを空にして、元栓を閉めましょう。

 流出した油は、地下に浸透し、河川や水道管に染み込み、水道水から油の臭いがしたり、水質汚染や人の健康にも影響を与える恐れがあります。そのため、土の入れ替えや水道管の取り替え、河川でのオイルフェンスの設置などの措置をとらなければなりません。これらの事故処理にかかる費用は、原因者の負担となる場合があります。油漏れは、かなりの時間が経ってから気づくことがあるので、日頃から自主的に点検を行い、事故の未然防止に努めましょう。

油漏れが発生したら

 万が一、油漏れが発生したら次のことに留意し、速やかに市役所環境課または消防署へご連絡ください。

○元栓を閉め、受け皿を置くなど油の流出を止めましょう。

○油を水で流すと被害が拡大するので、絶対に水で流さないようにしましょう。

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報