HOME暮らし・手続き移住・定住北斗市空き家バンク利活用事業補助金【北斗市独自制度】

北斗市空き家バンク利活用事業補助金【北斗市独自制度】

 北斗市空き家バンクに登録された物件を、居住目的で購入又は賃借された方に対し、空き家の購入費や改修費などを最大100万円助成する制度です。

1.対象者

 北斗市空き家バンクに登録された物件を購入又は賃借された方(北斗市民、転入者どちらも対象です。)

2.概要

空き家バンク補助金の概要

3.注意点

空き家の購入費・改修費・解体費に対する補助について

  • 空き家の購入費・改修費・解体費が50万円未満の場合は、その費用が補助対象額となります。
  • 賃借した空き家を改修する場合の補助額は、最大30万円となります。
  • 解体費については、解体後住宅を新築する場合のみ補助金を交付します。
  • 補助金の交付対象者は、原則空き家の利用者としますが、当該空き家の売買契約が成立し、空き家の所有者が解体することとなった場合は、当該空き家の所有者を補助金の交付対象者とすることができます。
  • 改修は北斗市移住・定住推進協議会員である業者による工事、解体は市内に事務所を有する法人又は個人の施工業者による工事に限ります。

市内の親世帯との同居・近居に対する補助について

  • 近居に対する補助は、転入者の方のみ対象です。
  • 親世帯は、市内に1年以上居住している世帯に限ります。
  • 近居とは、市外に居住する子世帯が市内に転居し、親世帯とそれぞれ本市内に居住することを指します。

全ての補助に対する共通事項

  • 補助金の交付対象者は、原則3年間、当該空き家に居住し続けなければなりません。

4.例

  • 北斗市七重浜から北斗市向野に転居。空き家を賃借し、100万円で改修した4人家族。

空き家バンク補助例1

  • 札幌市から北斗市茂辺地に移住。空き家を300万円で購入した3人家族。(親が久根別に居住。)

空き家バンク補助例2

5.補助申請手続き

 下記様式に必要事項を記入し、添付書類とともに、市役所企画課までご提出ください。

全ての補助に対し、提出が必要な様式及び添付書類

  • 様式第1号(交付申請書)(DOC 58KB)
  • 様式第2号(誓約書)(DOC 50.5KB)
  • 空き家の購入及び賃借に係る売買契約書又は賃貸契約書の写し
  • 申請者が属する世帯の世帯員全員の住民票の写し(続柄が記載されたもの)
  • 申請者が属する世帯の世帯員全員の申請日の属する年度の前年度の市町村税の納税証明書の写し又は非課税証明書の写し

空き家の購入費・改修費・解体費に関する補助に対し、提出が必要な添付書類

  • 空き家の購入、改修又は解体工事に要した費用の領収書の写し

中学校卒業前の子がいる子育て世帯に関する補助に対し、提出が必要な添付書類

  • 義務教育終了前の子が申請日以後に出生予定の子のみである場合は、母子健康手帳の写し

市内の親世帯との同居・近居に関する補助に対し、提出が必要な添付書類

  • 子と親の親子関係を証明できる戸籍全部事項証明書の写し
  • 親世帯が、市内に継続して1年以上居住していることを証明できる住民票の写し及び郵便物等の写し
  • 親世帯の世帯員全員の申請日の属する年度の前年度の市町村税の納税証明書の写し又は非課税証明書の写し

参考

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報