HOME暮らし・手続き環境・衛生ドクガに注意してください

ドクガに注意してください

ドクガに注意してください

昨年に引き続き、市内の一部地域においてドクガの幼虫(ケムシ)の発生が確認されています。

ドクガは、5月ごろは写真1のように小さく、集団で行動しイタドリ・ハマナスを食べます。6月頃ごろになると写真2のように大きく成長し、分散して行動するようになります。

防除は写真1の時期が一番効果的ですので、なるべく早い対応が必要です。雑草が繁殖している土地の所有者は現地を確認し、早急な駆除などの対応をお願いします。

  • 写真1
    ドクガ5月頃
     
  • 写真2
    ドクガ6月頃

ケムシの特徴

ケムシの特徴

  • 全長は2~4センチで、体色は黒く、オレンジ色の筋模様が入っている。        
  • イタドリやハマナスを主に食害する。
  • 毒針毛をもち、接触するとかゆみを生じ、赤くはれ上がる。
  • 毒針毛は風によって飛ばされることで、直接触れなくても被害を受ける場合がある。

ケムシ

毒針毛がついたときの対処法

毒針毛が体についてしまったときは、こすったり掻いたりせず、テープなどで針を取り除き、流水で洗い流しましょう。

こすったり掻いたりした場合、針が皮膚に深く刺さってしまい、かゆみが増し、症状が悪化する恐れがあります。

症状が酷いときは皮膚科などの専門機関に相談するようにしましょう。

駆除方法

市販の殺虫剤で駆除することができます。
幼虫は成長すると殺虫剤が効きづらくなるため早めの駆除が効果的です。

※自身で駆除を行う場合は、身体に毒針毛がつかないように雨カッパなどを着て行いましょう。
※自身で駆除することが困難な場合は専門の駆除業者に相談しましょう。

電話帳もしくは北海道ペストコントロール協会のホームページに駆除業者が載っていますので参考にしてください。
ご不明な点は市環境課(73-3111)にご相談ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報