タブレットを活用した授業実践

3年技術家庭科(技術分野)

 

8月22日、3年C組の技術の授業です。

単元名は「情報に関する技術」

学習課題は、「情報の表現手段を知ろう」です。

「テレビのCM」「新聞の広告」「Webページ」の3つについて、

そのメリットとデメリットについて考える授業でした。

 

授業で初めて触るタブレッ

トですが、生活の中にICT

機器があふれている中学生

にとって、手に取って使用方

法を理解するのに、それほど

時間はかかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の授業では、学習課題の解決とともに、タブレットに慣れることも授業

の目的でした。


 最終的には、タブレットを使って、パンフレットを作成しますが、その前段

階として、ワープロソフトになれるために、板書をワープロソフトで打ち込む

作業も行いました。

 図形やテキストボックス、段組みなどを活用しながら、文書を作成していま

した。

 授業支援ソフトを導入していることで、タブレット本体にデータを保存する

と、電源を落とした段階でデータが消えてしまうので、生徒のアカウントに設

定されている個人フォルダに保存することも生徒が理解できました。

 生徒はすごいスピードで吸収していきます。我々教師も、「習うより慣れろ

の勢いで、どんどん実践していく必要がありますね。

 

               ホームへ