〒049-0283 北海道北斗市三ツ石270
TEL0138-75-3006 FAX0138-75-2062

生活・学習の心得



















 生活の心得

 中学生として規律のある生活を維持していくために,次の約束をしっかり守って,自律的・自主的に日常の生活行動をとるように最善の努力をしましょう。

1 服装・頭髪について
【制服】
・中学生らしい「さわやかな身だしなみ・着こなし」を心がけること。
・『生活のしおり』P10の「石別中学校の身だしなみ」を参考にすること。
【ジャージ】
@学校で事前に連絡があった日のみジャージ登校を許可する。
※ハーフパンツでの登校は禁止。チャックは胸のマークまでしめる。
A部活顧問の指示があった場合のみジャージ下校を許可する。
【その他】
@原則として,教室内ではジャンパー,コート,カーディガン等の上着を着ないこ
と。 ※着用する時には,教科担当の許可を得ること。
Aやむをえず体育以外でジャージを着用して授業をうける場合,事前に学級担任と教科担任の許可を得ること。
B制服の上着を脱ぐ場合は,教科担当の先生に許可を得ること。
※上着を脱いだ時の服装は「石中指定T シャツ」,または白,グレー,紺を基調としたT シャツとする。(バックプリントは不可。ワンポイントは手のひらサイズ)
C眉の加工はしない。化粧は禁止。制汗剤や汗ふきシートを使用する場合は無色・無香料のものを使用しても良い。リップクリームは〈薬用〉と記載されているのものを認める。
DIR 生徒の登下校(学校⇔駅)は集団登下校とする。(10m 以内1 列)
・12:53 の電車に乗る生徒は12:30 に学校から一斉下校すること。
・15:41 の電車に乗る生徒は15:15 に学校から一斉下校すること。
・16:52 の電車に乗る生徒は16:30 に学校から一斉下校すること。
中学生として規律のある生活を維持していくために,次の約束をしっかり守って,自律的・自主的に日常の生活行動をとるように最善の努力をしましょう。

2 所持品について
(1)背負いカバンは自由カバンを認めている。ただし派手ではないもの。
(2)補助バックの指定はなく,派手ではないカバンであればよい。
(3)学習用具以外のものを学校に持ってきてはいけない。
お金〜緊急時のために持つのであれば,担任に報告すること。集金のお金は朝のうちに担任に提出すること。
(4)不要物であるが,遠距離の友達と物の貸し借りをしているため,やむをえず学校に持ってこなければならない場合は,朝のうちに担任に預けるようにする。
(5)本校はノーチャイムなので,腕時計を身につけてもよいこととする。
(6)携帯電話については,『生活のしおり』P11を参照
(7)不要物が持ってこない。

3 校内生活について
<校内生活全体に関わってのきまり>
◎ノーチャイムなので,自ら時間に合わせて行動すること。
◎不必要に他教室,更衣室に入らないこと。
◎生徒同士,物の貸し借りはしないこと。
8:10 登校完了 ・8:10 以降に登校してきた場合は,『遅刻』。
・教科担当は,提出物を集めて職員室に届ける。
・トイレを済ませる。
8:10〜8:20 朝読書 ・静かに読むこと。マンガは禁止。
・8:10 を過ぎても担任の先生が来ない場合,読書を続けること。
8:20〜8:30 朝の会
学習準備
・学級のルールに従い,朝の会を行うこと。
・教室移動がある場合は,素早く行動すること。
8:30 授業開始

<遅刻した時の約束>
8:10以降に登校した場合は,職員玄関から入り、職員室で挨拶をしてから教室に行くこと。

【挨拶・礼儀】
@お互いが気持ちの良い,その場に適した挨拶すること。
A職員室や各教室に入る時はノックをすること。そして,大きな声で「失礼します」
「失礼しました」の挨拶の習慣を身につけること。
B時と場合に応じた言葉遣いを身につけること。

【授 業】(※学習のきまりを参照すること)
@朝の会が終わりしだい学習の準備をすること。
A授業に遅れて教室に入るときは,教科の先生に理由を告げること。
B授業時間が始まって5分たっても,先生が来ない場合は呼びに行くこと。

【休み時間・昼休み】
@授業合間の休み時間は,特別教室の移動や,次の授業の準備をすること。
A特別教室または体育館で授業がある場合は,教室の電気を消すこと。
B昼休みの体育館の使用は自由とする。
<体育館の使用について>
・けがのないよう安全に遊ぶ。
・器具庫のもので使用してよいものはボール類,卓球セット,バドミントンセット
のみとする。※その他の道具の使用は認めない。
・使用後は,もとの場所にもどすこと。
・事故やけが,器具の破損等があった場合は,速やかに先生に報告すること。
<ホールのピアノ使用について>
・使用する時は,音楽担当の先生の許可を得ること。
・独占しないよう,周りのこと(状況)を考えて使用すること。
・ピアノの上にものを置かないこと。
・後始末をしっかりすること。

【放課後】15:15〜
・日課終了後は,すみやかに次の活動場所に移動するか下校し,無断で居残りし
ないこと。
*委員会,放課後学習等の場合は15時15分までの下校を基本とする。
*IR 通学生徒は教室やホールでの待機を基本とする。

【その他】
@一度登校したら無断では外出してはならない。
A歯磨きは,指定された場所で行うこと。体育館前の水飲み場は使用しない。
・男子は1年生側の廊下前の水飲み場,
・女子はロッカー室前の水飲み場を使用すること。
※移動しながらの歯磨きは絶対しない。
Bスリッパを使用する時は,担任の先生の許可を得ること。
C学校から下校後はすみやかに自宅に帰ること。帰宅途中に友人宅や公共施設などに寄らないこと。
D学校の傘を使用する場合は担任の先生に許可を得てから借用用紙に記入し使用すること。
E年度途中のジャージ購入については各自でミノルスポーツで直接購入すること。

4 校舎・校具の使用について
(1)校舎・校具を使用するときは,必ず担当の先生または担任に許可を得ること。
(2)特別教室などの使用の際は,必ず先生の許可を得ること。
(3)校舎・校具を破損した場合は,すぐに先生に申し出ること。
(4)生徒のみ特別教室のカギの持ち出しは禁止とする。

5 校外生活について
(1)登下校は交通規則を守り,通常の通学路を通ること。
(2)夜間外出はしない。特別な場合に限り,親に行き先をはっきり告げて許しを得てから外出すること。
(3)生徒同士での物品の売買やお金の貸し借りについては,固く禁止する。
(4)映画館,飲食店,遊技場の出入りについては,長期休業中の生活の心得に準ずる。
(5)帰宅時間は,夏19 時,冬18 時とする。
(6)特別な事情がない限り,外泊は禁止する。

6 その他
(1)欠席または遅刻の場合は,保護者から必ず登校時間前に学校へ連絡してもらうこと。
(2)早退する場合は,担任と保護者の連絡がとれてから下校すること。

 身だしなみ
コンセプト ・高校入試にむけた準備として,高校入試に通用する制服
・身だしなみすべてにおいて,中学生らしくないもの又は時・場所・場面(T.P.O)にふさわしくないものは,大人(教師,保護者,地域の方)から指導されます。
区分 男子 女子
頭髪 清潔でさわやかな髪型
☆眉・耳・襟に髪がつかない程度の長さ
清潔でさわやかな髪型
☆前髪は眉が隠れる程度,後ろは襟につく程度
☆ゴム,ヘアピンはつけても良いが派手
ではないもの(黒・紺・茶)
・染髪,加工(パーマ、整髪料など),ヘアバンド,リボンは禁止
・いつでも運動できる髪の結び方にすること(お団子など禁止)
制服 冬服 ・黒の標準学生服,ズボンストレート
・制服の下は自由。ただし,シャツはズボンの中に入れ,袖もはみださないようにすること
・本校指定の紺セーラー服
・スカートの丈は膝が隠れる範囲とする
・制服の下は自由。ただし,制服からはみでないようにすること。
夏服 ・白ワイシャツ
・シャツの下は,白かグレーの下着を着ること
※ 紺色の指定T シャツは夏服着用時は体育の時にのみ使用すること。
・本校指定の白のセーラー服,スカート
・制服の下はインナーを着ること(派手ではないもの)
※ ただし,白,紺,グレーを基調としたポロシャツも認める。ただし,きちんと中に入れる。
※ バックプリントのT シャツは着ないこと。
※ 行事の際,男子は白ワイシャツ,女子は白のセーラーを着ること。
・ネクタイの色はえんじとし,バランスよく結ぶこと(女子)
・校章は左胸につけること
靴下 ・スニーカーソックスは良い。
・式関係時はくるぶしが隠れるフォーマルな靴下にすること(黒・紺・白)
・夏は黒・紺・白のソックス
・冬は黒・紺のハイソックスかタイツ
※ワンポイント,ラインは可
・学校で使用する靴は,外用(運動靴)と上靴を用意すること
<上靴>色,ひもの色は白を基調としたもの。(靴底は床に色がつかないもの)
<外靴>体育で使用。また,ジャージで行う校外活動(お祭りなど)で使用
<通学靴>夏服時,冬服時ともに自由
その他 ※月2回を「カジュアルデイ」とする。
※登下校は原則として制服を着用すること。前日までに保護者より連絡があった場合のみジャージ登校を許可する。
※冬服時の防寒具(コート,手袋等)は派手ではないものとする。
※腕や足に必要ない物は身に付けないこと。

 学習の心得

1 学習の準備
(1)学習用具を忘れないように,前の日に準備すること。
(前日の帰りの会で確実に連絡・確認すること。)
(2)登校後,学習用具を再点検し,忘れたときは速やかに担当の先生に報告し,指示を受けること。
(前日の連絡や授業中の指示をよく聞き,必要に応じてメモをとる等の工夫をすること。)

2 始業の準備
(1)始業時間になったら自分の席につき,先生が来るまで静かに予習する。
(係が黒板をきれいにしておくこと。)
(2)授業に遅れたときは,席に着く前に教科担任に遅れた理由を話すこと。
(学習用具をそろえ,始業時間3分前には着席して待つこと。)
(3)教室移動のときは,休み時間中に移動を完了し,勝手に席を替えたり,特別教室の備品にいたずらをしないこと。

3 授業中
(1)始業と終了の合図は,係の号令を受け座礼すること。
(「気をつけ」,「礼」・「はじめます」「終わります」を基本とする。)
(2) 授業の終了は時間ではなく,先生の指示に従うこと。
(5分経過後,担当の先生が来ない場合,係が職員室へ連絡をすること。)
(3)授業中は学習に必要なもの以外は机の上に出さないこと。
(防寒具を着る,不要物を机の上に出す,悪い姿勢・私語は禁止する。)

4 自学自習の精神
(1)授業で理解できないところをそのままにしないで,放課後の時間等を有効に活用し理解しておくこと。また,自力解決に向けて,各教科担任に相談をすること。
(2)宿題があるときは,忘れないようにその日のうちにやること。
(3)わからないところなどがある時は,休み時間や「なんでですかタイム」を利用して積極的に先生に質問すること。

5 整理整頓
(1)机の中,教室ロッカー,更衣室ロッカー,靴箱,カバンの中は誰が見ても心地よいように,自分が使いやすいように整理整頓を心がけること。
(2)更衣室の扉,ロッカーの扉は常に開けておくこと。

6 その他
(1)学習用具を学校の机やロッカーなどに置いて帰らないこと。
(各教科の持ち物は,担当教師の指示に従うこと。)
(2)教科担任の先生に許可されたものは後ろの棚またはロッカーに置いて帰っても良い。生徒会で年度ごとに置いて行って良いもの,置く場所を一覧表にする。