HOMEまち・ひと文化文化・歴史郷土資料館 第8回特別展「松前藩戸切地陣屋跡展」

郷土資料館 第8回特別展「松前藩戸切地陣屋跡展」

郷土資料館 第8回特別展「北斗にまたたく星の城 松前藩戸切地陣屋跡展」

幕末から明治へと激動する歴史のせつな、「城」がその役割を大きく変えそして終えていく時代の夜空の中、道南を中心にまたたいた五稜郭をはじめとする「星」形の城たち。

その中でも日本で最も古く、今なお清川・野崎の丘に当時の姿をのこす「国指定史跡・松前藩戸切地陣屋跡」について、現在かの地が最もにぎわう「北斗桜回廊」の季節に合わせ、発掘調査で見つかった幕末当時の陶器・磁器をはじめとした数々の資料や、「星」形の城について学ぶこともできるパネル・模型などを展示し、その歴史をたどります。

桜の奥に眠る北斗の星の城について、少し足をのばしてのぞいてみませんか?

また、北斗市ゆかりの歌手・三橋美智也のミニ特別展も同時開催します。

第8回特別展ポスター

開催情報

日時

  • 2019年4月26日(金)~2019年5月31日(金)※5月13日(月)は休館日のためのぞく
  • 9:00 ~ 17:00

会場

  • 北斗市郷土資料館 特別展示室(北斗市総合分庁舎2階)

入場料

  • 無料

松前藩戸切地陣屋跡展ミニギャラリー(画像をクリックすると拡大します)

陣屋跡表門と桜並木 空から見た戸切地陣屋跡 陣屋跡郭内復元模型 陣屋跡出土遺物(抜粋)
陣屋跡表門と桜並木 空から見た戸切地陣屋跡 陣屋跡郭内復元模型 陣屋跡出土遺物(抜粋)

 

カテゴリー

地図

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報