HOME福祉・健康障がい福祉障がい福祉人材への支援の取り組みについて

障がい福祉人材への支援の取り組みについて

障がい福祉人材への奨励金制度(令和6年4月開始予定)

 本市では、市内に所在する障害福祉事業所において、初めて障がい福祉職として就労する方に奨励金を支給する制度を令和6年4月から新たに始める予定です。支給には要件がありますので、以下の内容をご確認ください。
 なお、本制度の対象となる障害福祉サービス及び職種は次のとおりです。

対象となるサービス及び職種
サービス名 対象職種
居宅介護 従業者
重度訪問介護 従業者
同行援護 従業者
短期入所 従業者
生活介護 生活支援員
施設入所支援 生活支援員
共同生活援助 世話人、生活支援員、夜間支援従事者
障害児入所支援 児童指導員、保育士

新規就労奨励金

●対象者
 1   令和6年4月1日以降に、市内の障害福祉事業所で初めて正職員(1年以上または期間の定めのない雇用契約を交わした方)かつ常勤(週の労働時間が30時間以上を見込む方)の障がい福祉職員として就労した方
 2   雇用時と同一の法人で1年以上継続して就労が見込まれる方
  ※雇用形態や勤務状況によって対象外の場合があります。

●支給額
 介護福祉士資格をお持ちの方   20万円
 介護福祉士資格のない方         10万円 

継続就労奨励金

●対象者
 1   新規就労奨励金を受給された方
 2   新規就労時と同一の法人が運営する市内の障害福祉事業所で、正職員かつ常勤の障がい福祉職員として1年以上就労を継続している方

●支給額
 12か月ごとに10万円、最大36か月分
 ※支給の詳細については、決まり次第お知らせいたします。

その他

 制度実施の際には、予告なく支給要件等が変更される場合があります。
 本制度については、市議会において令和6年度予算案が可決された場合に実施されます。

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報