HOME福祉・健康健康づくり予防接種・検診・健診令和6年度から高齢者肺炎球菌予防接種の定期接種対象者が変更になります

令和6年度から高齢者肺炎球菌予防接種の定期接種対象者が変更になります

対象者が以下のように変わります。

令和5年度までの対象者

  1. 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方で身体障害者手帳1級の方

令和6年度からの対象者

  1. 接種日時点で65歳の方
  2. 接種日時点で60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方で身体障害者手帳1級の方

今年度対象の方は忘れずに接種してください

これまで対象の年度に高齢者肺炎球菌予防接種を受けなかった場合、5年後に再度定期接種の対象者になっていましたが、令和6年度以降は65歳の間に接種を受けなければ、今後定期接種の対象者にはなりません。

令和5年度の定期接種の対象者で、接種を希望される方は、令和6年3月31日までに忘れずに接種を受けてください。

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報