みどころ  >  歴史の風景

歴史の風景

静寂に満ちた赤レンガ
 歴史をかけぬけていった者たち
  まちの記憶、木々のざわめきに
   時代の風を感じてほしい
 

トラピスト修道院

1896年(明治29)年、フランスからジェラル・プーリエ(後に帰化し、岡田普理衛と名乗る)ら

9人の修道士たちがこの地に訪れ、日本最初の男子トラピスト修道院を創設しました。
正式名称は「厳律シトー会灯台の聖母大修道院」といい、トラピストという名称はかつてシトー会を

改革したフランスのトラップ修道院に由来します。

現在の赤レンガの建物は、最初の修道院が焼失したため、1908年(明治41)に建てられたもので、

周辺のみどりと調和したその姿は、静寂なたたずまいをみせ、訪れる人々の心を和らげています。

今も40人ほどの修道士たちが、ここで「祈り」「読書」「労働」という厳しい戒律のもとで生活を送って

います。

また、ここでつくられるトラピストバターやクッキー、バター飴、ジャムは、北海道を代表する観光土産品

として知られています。

 

【場所】 

 北斗市三ツ石392 JR江差線渡島当別駅から徒歩約20分。函館から車で約1時間。

  774-502-258*33

【建物内の見学】 男性のみ毎週月曜日、午後2時から。事前に往復ハガキでの申込みが必要。
【お問い合わせ】 Tel:0138-75-2139


 

三木露風の詩碑

トラピスト修道院の駐車場前の庭園にある石碑で、
「日は輝やかに/沈黙し/時はおもむろに/移りけり/美しき地上の/

 断片の如く/我命は/光の中に/いきずく」
という詩文が記されています。

詩人・三木露風は、1920年(大正9)から4年間、日本文学の講師として修道院に滞在。
「赤とんぼ」「野ばら」などの歌詞は、この地での体験やふるさとを想い、修道院滞在中に

つくられたものです。
 

 

 

ルルドの洞窟

聖母が一人の少女の前に現れたという地がフランスにある「ルルドの洞窟」で、世界的に有名なカトリックの巡礼地になっています。

トラピスト修道院の裏にある「丸山」にも、この「ルルドの洞窟」がつくられています。

修道院正面から徒歩約30分の位置にあり、展望台にもなっています。

 

 

 

 

男爵資料館 [現在休館中]

「男爵いも」の生みの親である川田龍吉男爵の農場跡地を整備した資料館です。
大正時代に建てられたキング型牛舎を改築し、中には当時としてはたいへん珍しかった

アメリカ製農機具や生活用品など貴重な資料が展示されています。
 

また、日本にただ一つ現存する木製サイロやアメリカ製のロコモビル蒸気自動車など、

ここでしか見られない貴重な資料も数多くあります。

 

【場所】 

 北斗市当別4丁目3-1  JR江差線渡島当別駅から徒歩約10分。函館から車で約1時間。

  951-249-293*52  

【料金】 大人500円、中学生以下300円。*5人以上団体割引あり。
【お問い合わせ】 男爵資料館 Tel:0138-75-2894
 

※男爵資料館は現在休館中です。

 

川田龍吉(1856-1951)

川田龍吉三菱財閥の創設者・岩崎弥太郎の盟友で第3代日銀総裁だった川田小一郎の長男として土佐で生まれました。
イギリスで造船技術を学んだ後、函館船渠(現函館ドック)の再建のため来道し、実業家として手腕を発揮。そのかたわら、北斗市当別に別荘と農場をつくり、農業の研究をも続けました。
七飯の農場ではイギリスから輸入したジャガイモの試験栽培を行い、この中のアイリッシュコブラーが「男爵いも」として広く知られるようになりました。
 

ロコモビル蒸気自動車

ロコモビル蒸気自動車日本のオーナードライバー第1号といわれる川田男爵が愛用したアメリカ製の蒸気自動車。
1901年(明治33)に輸入され、川田男爵が購入したもので、当時の姿のままで保存されています。国内はもちろん世界でも現存するものは極めて少なく、貴重な歴史資料として注目されています。
 

北海道水田発祥の地碑

北海道水田発祥の地碑水田が広がる大野平野。豊かな実りをはぐくむ道南最大の稲作地帯であり、大野地区は北海道水田発祥の地として知られています。
 文月地区では寛文年間(1661〜72)からすでに米の試作が行われていましたが、元禄5年(1692)には野田作右衛門が同地で水田450坪(約1,485平方メートル)を開き、米10俵を収穫したと記録にあります。
この記録にもとづき、北海道の水田の発祥を記念した碑が昭和24年(1949)に建てられました。

【場所】 

 北斗市文月

  86-391-788*11

 
プリンタ用画面
前
海の風景
カテゴリートップ
みどころ

みどころ