市長の部屋  >  ようこそ市長の部屋へ

 

ようこそ市長の部屋へ

 

 

 こんにちは。北斗市長の高谷寿峰です。

 

 北斗市のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。このページでは、私から北斗市の魅力やメッセージを全国の皆さんへ発信します。

 

 北斗市は、昨年3月26日に開業した北海道新幹線の当面の終着駅である新函館北斗駅があるまちです。また、日本の代表的な童謡「赤とんぼ」に縁があり、静ひつな佇まいが魅力のトラピスト修道院や国指定史跡の松前藩戸切地陣屋跡、眼下に南北海道一の絶景が広がるきじひき高原など、多くの見どころがあり、自然豊かな大地と海からとれる新鮮で、美味しい農水産物が特産品の豊かな資源に恵まれたまちです。

 

 トラピスト修道院へ続くポプラ並木をイメージした大きな柱が特徴的な新函館北斗駅には、多くの方々が訪れ賑わいを増しており、北斗市の新たなランドマークとして存在感を高めております。

 

 駅舎内に市が設置している北斗市観光交流センターは、南北海道の観光情報を提供する観光案内所や、特産品を販売するアンテナショップ「ほっとマルシェおがーる」などが訪れる皆様をあたたかくお迎えし、また、駅前地区では、レンタカー会社や飲食店などが営業し、さらに、ホテル複合商業施設も本年3月のオープンに向けて、準備が進められております。

 

 この北海道新幹線の開業により北海道の玄関口となり、出発地となる本市は、観光振興による交流人口の拡大や企業誘致による雇用の創出を図り、北海道の発展をリードしていく南北海道の交通拠点として機能することが期待されており、新幹線時代にふさわしい魅力的なまちづくりを加速させ、新たな北斗市の創生に取り組んで参ります。

 

 ぜひ、お近くを訪れた際は、北斗市にお越しになり、市内の名所や特産品を満喫していただき、その魅力をご堪能いただければ幸いに存じます。

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
ようこそ市長の部屋へ
次
テストページ

市長の部屋