暮らし  >  環境  >  住宅用太陽光発電システム設置補助金
 

住宅用太陽光発電システム設置補助金

  北斗市では、住宅用太陽光発電システムを新たに設置し、一定の要件に該当する方に補助金交付します。
補助金の交付を希望する方は、申込書に必要事項をご記入の上、受付期間内に市役所環境課へ提出してください。
 
 
 

 申込受付期間

 平成27年度の北斗市太陽光発電システム設置補助金の受付は終了いたしました。

 
 

 補助金の額

発電システムを構成する太陽電池の最大出力に1kW当たりの補助金単価を乗じた額で、上限は4kWまでです。

1kW当たりの補助対象経費(税別)
補助金単価
41万円/kW以下の場合
2万円/kW
(上限 8万円)
41万円/kWを超える場合
1.5万円/kW
(上限 6万円)

※ 太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、その他付属機器及び設置工事にかかる費用
 
 

 補助を受けられる方

以下の要件の全てを満たす方が対象となります
 
 1.北斗市内にお住まいの方、または太陽光発電システム設置完了報告書提出時までに北斗市内に住所を移している方
 
 2.平成27年4月〜平成28年3月末までの期間に、自己が所有する既築、または新築の北斗市内の住宅または店舗併用住宅に、新たに住宅用太陽光発電システムを設置しようとする方
 ※ 受付期間内に申込書を提出していても平成28年3月末までに補助金申請兼設置完了報告書を提出できない場合、補助を受けることはできません。
 
 3.市税などを滞納していない方
 
 4.設置しようとする太陽光発電システムの公称最大出力、またはパワーコンディショナの定格出力が10kW未満であり、平成28年3月末までに設置し、設置完了報告書を提出できる方
 
 5.太陽光発電システムのデータなどを公表できる方
 (設置前1年間と設置後1年間の使用電力量などの報告の義務があります。)
 
 

 設置後1年間の稼働状況の報告義務

補助金を受けた方には、設置前1年間と設置後1年間の電力使用量、1年間の発電量などの太陽光発電システム稼働状況を報告していただきます。
 
 

 発電システムの維持管理

補助金を受けた方は、発電システムを法定耐用年数期間(17年)適切に管理維持しなければなりません。やむを得ない事情で処分するときは、「財産処分承認申請書」の提出が必要となります。
 
 

【お問い合わせ先】市民部環境課環境係(内線122〜124)

 

プリンタ用画面
前
食中毒に注意
カテゴリートップ
環境
次
節電に取り組みましょう

暮らし