HOME市政情報主要な戦略・計画その他計画地方創生に向けたSDGsの取組み

地方創生に向けたSDGsの取組み

地方創生に向けたSDGsの取組み

 市では、平成30年度の市政執行方針において、国際社会が支持するSDGsの考え方に基づき、地方創生の実現に向けて取り組むこととしております。

SDGsとは

 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、人類及び地球の持続可能な開発のために達成すべき課題とその具体目標で、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。

 持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、世界中の誰一人取り残されない包摂的な社会の実現を目指しています。
 

sdg_logo_en_2.png

国の動き

 政府は、平成28年5月に「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」を設置し、地方自治体を含むあらゆるステークホルダーと協力してSDGsの推進に取り組むこととし、さらに、平成29年12月に「SDGsアクションプラン2018」、平成30年1月には、「地方創生に向けた自治体SDGs推進事業について」を策定、公表しています。

地方創生に向けた自治体SDGs推進事業について

・自治体によるSDGsの達成に向けた取組は、地方創生の実現に資するものであり、その取組を推進することが重要。
・自治体によるSDGsの達成に向けた取組を公募し、優れた取組を提案する都市を「SDGs未来都市」として選定。
・その中で先導的な取組を「自治体SDGsモデル事業」として選定し、財政支援。

 

北斗市の取組み

 国の自治体SDGs推進事業として内閣府が平成30年3月に募集したSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業に対し、次のとおり事業提案を行いました。

・ 事業名
  市民総活躍プロモーション事業

将来ビジョン(2030年のあるべき姿)

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報