HOME暮らし・手続きごみ・リサイクルスプレー缶、カセットボンベの出し方

スプレー缶、カセットボンベの出し方

スプレー缶、カセットボンベは中身が残ったまま出すとごみ収集車やごみ処理施設での引火や火災につながります。必ず中身を空にして、穴を開けてから出してください。ガス抜き、穴を開けるときは、必ず火気のない風通しの良い屋外で作業するようにしましょう。

スプレー缶などのごみ出し手順

手順1 中身を空にする

  • 使い切り中身を空にする。
  • 使い切れない場合は、新聞紙に吹き付けたりして、中身を出し切る。

手順2 缶を振って音がしないか確認する

  • 中身が残っていると音がなります。
    ※使用状況によっては空だと思っても、少量残る場合があります。 

手順3 スプレー缶のガスを抜く

  • スプレー缶は製品の説明書きを読んでガス抜きキャップを使用し、ガスを抜く。

手順4 穴を開ける

  • ホームセンターなどで専用の道具が販売されています。

手順5 分別してごみに出す

  • スプレー缶、カセットボンベは金属類
  • プラスチック製キャップはプラスチック製容器

関連リンク

 

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報