HOME福祉・健康健康づくりせせらぎ温泉で「ヒバ湯」を実施します

せせらぎ温泉で「ヒバ湯」を実施します

 北斗市健康センター・せせらぎ温泉では、1月23日(火)から28日(日)までの6日間、

「ヒバ湯」のサービスを行います。(*湯船に木片が浮かびます)

ヒバの木の写真です

 

 ヒバ独特の優しい香りに包まれて、日々の疲れを癒してみませんか。

 ヒバの香りには、精神安定効果、成分に含まれるヒノキチオールには、抗菌・消臭効果があり、風呂に入ると、気持ちをリラックスさせる効果があります。

 ぜひ、お越しください。

 

○ヒバについて

 ヒバは、和名で「ヒノキアスナロ」と呼ばれ、北海道、本州、四国及び九州地方に広く分布しています。日本しかない品種で、全体の約80%が青森県にあります。

 樹皮は、灰褐色をしており、縦に割れた後は、赤褐色の木肌になります。芯の部分と外側の辺の部分の色の違いが少なく、肌目も緻密で、淡い黄色をしています。

 木材としては、独特な香りを持ち、耐久性が高く、古くは弘前城や中尊寺などにも使用されました。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

トピックス

更新情報

イベント情報