HOME暮らし・手続きごみ・リサイクル火災等によるり災ごみの取扱いについて

火災等によるり災ごみの取扱いについて

 建設や解体を業としている者に依頼して排出するり災ごみは「産業廃棄物」になり、個人で解体をして排出する場合は「一般廃棄物」になります。北斗市のごみ処理施設では、一般廃棄物しか受入れることができませんので、個人で解体をし、なおかつ、きちんと分別することで受入れることができます。

 指定のごみ袋に入らず、粗大ごみで出す場合は、消防署が発行する「り災証明」を添付し、環境課へ減免申請をすることで、処理手数料が無料になります。

 なお、受入等に関しては、出すものによって異なってきます。市で受入れできないものもありますので、正しい取扱いをしてください。

火災等によるり災ごみについて.pdf (PDF 100KB)

一般廃棄物と産業廃棄物について.pdf (PDF 282KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報