HOME暮らし・手続き環境・衛生マダニによる感染症に注意しましょう

マダニによる感染症に注意しましょう

北海道においてダニ媒介脳炎患者の発生が確認されており、国内で発生しているのはいずれも道内です。マダニは、森林や草地など屋外に生息する比較的大型のダニで、ダニ媒介感染症(ライム病・回帰熱・ダニ媒介脳炎・重症熱性血小板減少症候群など)の原因となる病原体を保有していることがあります。マダニに咬まれることでこれらの病気に感染することがあります。レジャーや野外作業等で、山林や草むら、藪などに入る場合には、マダニに咬まれないようにすることが重要です。

予防方法

・草むらなどに入るときは、長袖、長ズボン、手袋、長靴を着用し、腕・足・首など、肌の露出を少なくしましょう。

・シャツの袖口は軍手や手袋の中に、ズボンの裾は靴下や長靴に入れるようにしましょう。

・頭には帽子、首にはタオルを巻くか、ハイネックのシャツを着用しましょう。

・上着や作業着は、マダニを見つけやすい明るい服が良いです。

・ダニを寄せ付けないために、肌の露出部分や服にディートなどの有効成分が含まれた虫除け剤の使用も有効です。

・帰宅後はすぐ入浴し、マダニに咬まれていないかチェックしましょう。

 

もしマダニに咬まれたら

 

・吸血中のマダニを見つけた場合は、自分で取ろうとせず、できるだけ医療機関(皮膚科等)で処置しましょう。(無理に引き抜こうとすると、マダニの一部が皮膚内に残り、マダニの体液が入ったり、化膿することがあります。)

 

・咬まれたことを確認したときは、数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は早期に医療機関で受診しましょう。

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報