HOME福祉・健康障がい福祉手帳制度

手帳制度

1. 身体障害者手帳

けがや病気などにより身体に障がいのある方は、医師の診断書をもとに1級から6級の身体障害者手帳の交付を受けることができます。手帳が交付されると等級に応じて様々な福祉サービスを受けることができるようになります。

交付対象者

視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語、咀嚼機能、肢体、心臓機能、腎臓機能、呼吸器機能、膀胱・直腸機能、小腸機能、ヒト免疫不全による免疫機能、肝臓機能に障害のある方

交付手続きに必要なもの

  • 身体障害者診断書・意見書
  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

その他の手続きに必要なもの

現在の障がいの程度が変化したとき

  • 身体障害者診断書・意見書
  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑
  • 身体障害者手帳

現在の障がいと異なる障がいを有したとき

  • 身体障害者診断書・意見書
  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑
  • 身体障害者手帳

手帳を紛失したとき

  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

手帳を破損したとき

  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

市内で住所を変更したとき

  • 印鑑
  • 身体障害者手帳

※転出される方は、新住所地で住所変更の手続きを行ってください。

氏名を変更したとき

  • 印鑑
  • 身体障害者手帳

手帳の交付を受けた方が亡くなったとき、または手帳が不要になったとき

  • 印鑑
  • 身体障害者手帳

 

2. 療育手帳

児童相談所または知的障害者更正相談所(北海道心身障害者総合相談所など)で、知的障害程度がA(最重度・重度)またはB(中度・軽度)と判定された方は、療育手帳の交付を受けることができます。手帳が交付されると様々な福祉サービスを受けることができるようになります。

交付対象者

児童相談所(18歳未満)または知的障害者更正相談所(18歳以上)で知的障害と判定された方

判定方法

  • 18歳未満の方
    児童相談所で相談を行い、判定を受けます。
  • 18歳以上の方

市役所で概況調査を行い、続いて心身障害者総合相談所が行う判定(年5~6回、函館市で行われます)を受けます。
概況調査の際、主治医の診断書や学校時代の成績表の提出を求められることがあります。

交付手続きに必要なもの

  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

 

3. 精神障害者保健福祉手帳

一定の精神障がいの状態にある方(精神障がいの初診日から6カ月以上経過している必要があります)は、医師の診断書などをもとに、1級から3級の精神保健福祉手帳の交付を受けることができます。手帳が交付されると様々な福祉サービスを受けることができるようになります。

交付対象者

精神疾患を有する方のうち、精神障がいのため長期にわたり日常生活または社会生活を贈る上で制約のある方が対象となります。 統合失調症、非定型精神病、てんかん、中毒性精神病、器質性精神病およびその他の精神疾患のすべてが対象となります。

交付手続きに必要なもの

  • 次のいずれかの書類
    • 障害年金を受給していない方は、診断書が必要です。主治医に相談してください。
    • すでに障害年金を受給している方については、年金証書または振り込み通知書の写しで手続きができます。
      ※診断書は不要です。
  • 顔写真(上半身、脱帽のもの:縦4cm×横3cm)
  • 印鑑

手帳の有効期間

手帳の有効期間は2年間です。有効期間の3カ月前から更新手続きを行うことができます。更新手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 次のいずれかの書類
    • 障害年金を受給していない方は、診断書が必要です。主治医に相談してください。
    • すでに障害年金を受給している方については、年金証書または振り込み通知書の写しで手続きができます。
      ※診断書は不要です。
  • 印鑑

 

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報