HOME子育て・教育子どもの健康医療B型肝炎予防接種(定期予防接種)

B型肝炎予防接種(定期予防接種)

B型肝炎予防接種について

この度、平成28年10月1日からB型肝炎予防接種が、予防接種法に基づく定期接種となります。

接種対象は平成28年4月1日以降に生まれた0歳児で、1歳になる前に3回の接種を終える必要があります。1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。特に平成28年4月、5月生まれのお子さんで10月から初めてB型肝炎予防接種を開始される場合は、10月時点ですでに生後5~6ヶ月が経過しているので、お早めにご計画ください。

また、1歳をすぎた場合は任意接種(自己負担あり)となります。対象児には9月中旬に個別通知をしています。他の市町村より転入等で、予診票がお手元にない方はご連絡ください。

なお、予防接種を受ける際は、下記をよく読んで、気にかかることがあれば、あらかじめ主治医や市に相談してから受けるようにしてください。

対象年齢

生後1歳未満児(平成28年4月1日以降に生まれた0歳児)

接種回数

3回

接種間隔

2回目:1回目接種後、27日以上の間隔をあけて2回目を接種

3回目:1回目を基準日として、139日以上の間隔をあけて3回目を接種

標準的な接種期間

生後2ヶ月~9ヶ月未満

接種場所

渡島管内、函館市内の実施医療機関

接種料金

無料

接種の受け方

実施医療機関に予約→記入済みの予診票持参→医療機関受診

接種時持参するもの

  • 予診票
  • 健康保険証
  • 母子健康手帳

予診票を必ずご持参ください。予診票を忘れると接種できません。

 

不明な点につきましては、下記にお問い合わせください。

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報