助産制度

助産制度について

経済的な理由により入院及び出産が難しい場合、費用の補助を受け出産することができる制度があります。

 

対象者

  1. 生活保護を受けている世帯(単給を含む。)
  2. 当該年度分(4月~6月出産の方は前年度分)の市町村民税が非課税世帯 (生計を1つにする世帯全員非課税であること)
  3. 前年分の所得税非課税世帯であって当該年度分の市町村民税が課税されているもの
  4. 上記以外で、前年分の所得税の額が8,400円以下の世帯

※上記3.4に該当する方で、健康保険等から出産育児一時金等の出産に関する給付を40万4千円以上受け取ることができる方は利用できません。

本人負担金

世帯の課税状況に基づき、負担金額を決定し、出産後に納めていただきます。

上記1に該当する方・・・0円

上記2~4に該当する方・・・世帯の課税状況等によって金額が異なります。

※出産前の費用やおむつ代、お産セットなどの費用は、利用者本人の負担となりますので、直接病院にお支払いください。

 

利用するには

助産施設の利用にあたっては、原則として30日前までに申請が必要です

出産後の申請や助産施設以外の病院、自宅出産などについては助産制度を適用できませんのでご注意ください。


申請に必要なもの

・印鑑(スタンプ印以外のものに限る)

・健康保険被保険者証

・母子健康手帳(出産予定日が確認できるもの)

・世帯全員の課税状況が確認できる書類(非課税証明書、課税証明書、生活保護受給証明書など)

 

利用できる助産施設

 
施設名 所在地 電話

函館市助産施設

(市立函館病院)

函館市港町1丁目10番1号 0138-43-2000

共愛会病院

函館市中島町7番21号 0138-51-2111

※直接、助産施設で申請することはできません。

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報