HOME暮らし・手続き届出・証明諸証明の申請

諸証明の申請

税証明の発行について

市税に関する証明書が必要な場合は、本庁舎 総務部 税務課(4番窓口) または、各支所の証明窓口で請求することができます。 市税に関する証明書は、個人の秘密に関わるものが多いため、申請できる人は本人、同居の家族(固定資産に関するものは除く)又は本人の委任を受けた人に限定されます。(ただし、固定資産評価証明書の申請や固定資産課税台帳の閲覧は借地人、借家人等もできます。)
また、本人の委任を受けた人が証明書を請求する場合は、委任状の提出が必要です。
法人に関する諸証明については、代表者本人が来庁した場合または、委任状の提出があった場合、証明書を交付いたします。
市税に関する証明書を申請される際には、運転免許証・保険証などの本人確認できる書類の提示をお願いいたします。(代理人も同様です。)

証明書の種類と証明手数料
証明書の種類 証明内容 証明手数料
所得課税証明書 所得金額、所得控除、課税額(非課税の場合は課税額が0と記載されます) 200円
所得証明書 所得金額、所得控除 200円
納税証明書 各税目の課税額、納付額 200円
国民健康保険税納付確認書
(年末調整・確定申告用)
国民健康保険税の暦年納付額
 
無料
固定資産評価証明書 土地・家屋の評価額 200円
固定資産公課証明書 土地・家屋の評価額・課税標準額・課税相当額 200円
軽自動車税納税証明書
(車検用)
滞納額がないこと
(車検証を提示ください。)
無料
営業(届出)証明書 営業所在地,名称,営業内容など 200円
閲覧 土地・家屋の登記内容 200円

※申請書は、上記のリンクよりダウンロード・印刷することができます。

備考

  • 手数料は、年度・種別ごとに1件として計算されます。固定資産の証明書については、土地1筆、建物1棟をそれぞれ1件として計算されます。また、固定資産課税台帳の閲覧は1所有者ごとに1件として計算されます。
  • 納税証明書は、地方税法の規定により、請求日の属する年度前3年度分、それ以外の証明書は請求日の属する年度前5年度分までの発行ができます。
  • 市・道民税は、前年1年間の所得に対し、翌年度に課税されます。
    所得課税証明書はこの課税資料に基づき発行するため、所得課税証明書の内容は当該年度の前年1年間分が記載されています。 申請の際には必要とする年度・年分を再度ご確認ください。
  • 市・道民税の申告をしていない方には,市・道民税に係る証明書を発行することができない場合があります。
  • 納付直後に納税証明書を申請される場合は、その領収書を併せてご持参ください。

 

郵送での請求について

引越されて遠隔地にお住まいの方など、窓口で請求されることが困難な方は、郵送で証明を請求することもできます。以下の「申請書」・「手数料(定額小為替)」・「返信用封筒」・「申請者本人の官公署発行の顔写真付き身分証明書等のコピー」を封筒に同封の上、税務課まで申し込みいただくことになります。

1.申請書

申請書をダウンロード・印刷して記入してください。ダウンロードや印刷ができない場合は便箋などに以下の事項を記入していただいてもかまいません。

  • 請求の理由,必要な年度,証明の種類,必要な枚数
    例) 年金請求のため 平成25年度(平成24年中の所得分)所得証明 1通
  • 証明が必要となる土地家屋の所在地番・家屋番号
    (固定資産評価証明書・固定資産課税証明書の場合のみ)
  • 現住所
  • 旧住所(北斗市に住んでいたときの住所)
  • 証明が必要な方の氏名,生年月日
  • 電話番号(日中連絡がつくところ)

2.手数料

上記の証明手数料一覧表を参照のうえ、ゆうちょ銀行で必要料金分の定額小為替を購入して同封ください。

3.返信用封筒

証明が必要な方の住所・氏名を記載し、返信用切手を貼ったもの。
(本人請求、本人宛発送が原則です。)

4.申請者本人の官公署発行の顔写真付き身分証明書等のコピー

運転免許証、旅券(パスポート)、外国人登録証明書、身体障害者手帳、住民基本台帳カード、健康保険証、介護保険証、年金手帳、生活保護受給者証など身分証明書のコピーをとっていただき、同封してください。

 

※ その他、ご不明な点につきましてはお問い合わせください。

カテゴリー

このページの先頭へ

更新情報

トピックス

イベント情報